COLUMN

2020年10月03日カテゴリ1

沖縄のコロナ対策☆保育園でも安心できる抗ウイルス対策

沖縄のコロナ対策☆保育園でも安心できる抗ウイルス対策
沖縄でもコロナ対策が進んでいますが、保育園や幼稚園など、小さいお子様を預かる施設は、その安全性が求められながらも徹底した対策が必要になるため、とても難しい側面がありますよね。
 
とは言え、長い緊急事態宣言による自粛生活により、家計が圧迫した家庭も多く、沖縄ではコロナ対策を施した安全な保育園での預かり再開は急務です。
 
早急に預かり再開をしたものの、「いつ感染者が出るか…」と戦々恐々としている施設も多いのではないでしょうか。
 
さらに今後の沖縄では、コロナ対策とともに保育園にとっては、インフルエンザも伴う冬が来ます。より感染防止策を強化しなければなりません。
 
そんななかで今、補助金適用枠にも入り、沖縄のコロナ対策として保育園で検討され始めているのが、抗ウイルス・デオファクターカーサです。
 
今回は沖縄のコロナ対策において、保育園での抗ウイルス・デオファクターカーサ施工事例をお伝えします。
 

 

沖縄のコロナ対策☆
保育園でも安心できる抗ウイルス対策

 

抗ウイルス・デオファクターカーサとは

抗ウイルス・デオファクターカーサとは
沖縄の現在のコロナ対策としては、保育園では玄関での子どもの対応や荷物を受け渡しなど、園内に保護者が入れないような体制を取ることで、感染防止対策を行っているところがほとんどです。
 
しかし、子供はマスクなしでいろんな壁や床などを触って遊ぶので、コロナなどの菌が子ども同士で移らないとは限りません。
 
しかも、保育園内でクラスター感染が発生したケースも全国で少なくなく、休園となると保護者の負担や保護者、地域住民の信頼度も低下してしまいます。絶対にこうした状況は避けたいですよね。
 

【 沖縄のコロナ対策☆保育園で役立つデオファクターカーサとは 】
 
★ 「デオファクターカーサ」は、無味無臭の液体で、壁などに吹き付けると、そこにいるウイルスに対して「制菌」ができます。
 
→ この制菌というのは初めて聞くかもしれませんが、意味は「菌を制御する」ことです。つまり、雑菌をこれ以上増やすことなく、減らしていくものなのです。

 

このように、沖縄でコロナ対策に(特に保育園施設において)、クラスター感染防止に役立つとして検討され始めている方法が、「抗ウィルスデオファクターカーサ」という抗ウイルス対策作業です。
 

 

保育園のクラスター感染防止に適した「制菌」対策

保育園のクラスター感染防止に適した「制菌」対策
ただこの「制菌」と言う言葉自体が新しい言葉で、今までになかった考え方なので、あまり広く浸透していません。コロナ到来前までは主に「抗菌加工」が一般的だったのではないでしょうか。
 
けれども新型コロナ感染拡大により、菌の威力を目の当たりにした際、より効果的に菌に対抗する効果を求める人々が増えるなかで、注目された言葉が「制菌」です。
 
「制菌」によく似た普段使う言葉とともに、ここで一緒に比較してみます。
 

【 沖縄のコロナ対策☆保育園で役立つ「菌効果」の違い 】
 
・除菌:菌の一部を取り除くことです。
・抗菌:菌の増殖を抑えることです。
 
・滅菌:あらゆる菌を完全に殺すことで、手術道具など菌があってはまずいものに処置されます。
 
・殺菌:菌を殺して減らします。医薬品でしか認められない表現です。
・制菌:雑菌をこれ以上増やさないことです。

 

このようなことから、下記のような違いにより、制菌効果が最も新型コロナウイルスに適していると判断できます。
 

 

「制菌」効果が最もコロナ対策に適する理由

「制菌」効果が最もコロナ対策に適する理由
この制菌効果を持つデオファクターカーサの液体を壁や床品に吹き付ければ、制菌効果によって菌を減らすことに繋がります。
 
「制菌」効果の元では、一度の施工で繁殖しない環境を作るだけではなく、結果的に菌の居場所を阻害して、減少させてくれる効果に注目です。
 

【 沖縄のコロナ対策☆保育園に適した菌効果とは 】
 
・「除菌」は一部の菌を取るだけで、また菌がついてしまいます。
・「抗菌」は菌の増殖を抑えるだけで、減らすことはできません。
・「制菌」は菌の生息する環境を阻んでいくので、菌は減少していきます。
 
→ このように増殖させずに減らしていくので、結果的に良いとこ取りができるのが「制菌」です。

 

沖縄でなくとも「コロナ対策だから」と保育園や幼稚園の未就学児に、行動を制限することは大人と違い大変難しいのではないでしょうか。
 
特に0歳~1歳の赤ちゃん達は、本能的に目の前のものを触ったり舐めたりすることで、世の中にある「物」について認識していきますので、ひとりひとりに24時間1分1秒監視を付けない限りは、触らせないと言う対策は不可能と言えます。
 
ですから、沖縄でコロナ対策を考える時に保育園なら、大人が触れないところでもたくさん触ることを前提として、考えなければなりません。
 

【 沖縄のコロナ対策☆保育園でのポイント 】
 
★ 自由活発に遊ぶ子供たちが触る行為を、あえて保育園は止めることはできません
 
→ だからこそ、吹き付けによる制菌効果は、園内の感染防止対策として最適です。

 

 

天然素材だから子供に安心安全

ただここで、保護者にとって気になるポイントが、沖縄でコロナ対策として保育園で導入する吹き付ける抗ウイルス剤の安全性ではないでしょうか。
 
今回は補助金適用枠にも採用されたデオファクターカーサを例としてお伝えしていますが、沖縄のコロナ対策のなかでも保育園では特に、100%天然成分での方法を選ぶ施設が多くなっています。
 
特に壁もおもちゃも机も、どこでも触る・舐める0歳~3歳児も多い施設では、壁などに吹き付けるとなると、その吹き付けるものが子供に影響がないよう、安全性を徹底しなければなりません。
 

【 沖縄のコロナ対策☆保育園児への安全を確保 】
 
★ 例えば、現在コロナ対策として主流となっているアルコール消毒の場合、アルコール成分が口に入る恐れがあります。ですから基本的に0歳~3歳がいる空間には、あまり利用できません。
 
→ 一方、抗ウィルス・デオファクターカーサを吹き付ける場合には、デオファクターカーサ自体が、無味無臭で無害の100%天然ミネラルの素材です。

 

100%天然ミネラルで化学薬品を使っていないので、手を口に入れやすい0歳~3歳児が遊ぶ場所でも最適と言えます。
 

 

補助金で最大50万が活用できる

補助金で最大50万が活用できる
ただデオファクターカーサは業者による吹き付け施工により導入するケースが多いため、初期費用としてコストが掛かる点が難点でした。
 
けれども現在、沖縄でコロナ対策として保育園が、このデオファクターカーサを吹き付け施工する場合には、国からの補助金を活用できる事例がほとんどです。
 

【 沖縄のコロナ対策☆保育園施設での補助金制度 】
 
★ 今年の第2次補正予算で、新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金の中から、「児童福祉施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策に係る支援」として452億円が組み込まれました。
 
→ この「児童福祉施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策に係る支援」は1次予算の支援とは別に追加されたもので、1施設50万まで活用できます。

 

この第2補正予算により、「抗ウィルス・デオファクターカーサ」も補助金対象として充てることができるようになりました。
 
予算が決して多くないなか、沖縄でコロナ対策に奮闘する保育園にとっては、大きな金額のかかる感染防止対策は二の足を踏んでしまいがちです。
 
しかし、沖縄でコロナ対策を保育園施設が行う際、50万まで出るとなれば、安心して施工できます。費用負担に悩む必要はなくなりますよね。せっかく国から出た補助金なので、活用しない手はありません。
 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄でコロナ対策として保育園で検討され始めている「抗ウィルス・デオファクターカーサ」は、未就学児の0歳~6歳の子ども達が遊ぶ空間において、最適な感染防止策です。
 
さらに今回、補助金を利用できることになり、コロナショックにより運営が圧迫している施設でも費用負担が軽減できるため、今だからこそ導入できるものでもあります。
 
沖縄で安全なコロナ対策を保育園から始めて、子ども達に安全な方法を提供することで、両親も安心して預けることができるのではないでしょうか。
 

まとめ

まとめタイトル

・保育園のクラスター感染防止対策に有効
・天然素材の吹き付けだから子供に安心安全
・補助金で最大50万が費用負担される

コラム一覧に戻る
コラムカテゴリ