COLUMN

2020年10月06日カテゴリ1

沖縄の病院でのコロナ対策☆抗ウイルス・制菌液剤導入のメリット

沖縄の病院でのコロナ対策☆抗ウイルス・制菌液剤導入のメリット
沖縄の病院でのコロナ対策の場合には課題が数多くありますよね。何よりも感染者が出入りするリスク・院内感染の恐れはどこまで沖縄の病院でコロナ対策を徹底していても、消えない不安ではないでしょうか。
 
患者さんの安全はもちろんこと、医師や看護師の安全も確保しなければならないという状況のなか、コロナリスクから医師・看護師・その他スタッフがどんどん離職しています。
 
ただでもスタッフ不足が問題視されている医療業界において、頭を抱えている方も多いのではないのでしょうか。
 
そんななかで沖縄の病院で徹底したコロナ対策が期待できるうえ、スタッフの負担が軽減できるとして、補助金にも適用される方法が、施工用液剤「デオファクターカーサ」による対策です。
 
今回は、そんな沖縄の病院で注目されるコロナ対策、「デオファクターカーサ」を導入するメリットについて詳しく解説します。
 

 

沖縄の病院でのコロナ対策☆
抗ウイルス・制菌液剤導入のメリット

 

制菌効果・抗ウイルス効果

制菌効果・抗ウイルス効果
沖縄の病院内でコロナ対策を考える時、まず不特定多数の患者が常に出入りする環境に配慮しなければなりません。
 
そんな沖縄病院でのコロナ対策では、菌・ウイルスの増殖を抑制、さらに減少効果まで期待ができる「制菌」が最適です。この点、デオファクターカーサには制菌効果があります。
 

【 沖縄病院でのコロナ対策☆制菌・抗ウイルス効果 】
 
★ デオファクターカーサの成分に含まれる天然ミネラル成分が、空気中の水分と反応し、活性酸素を生成してウイルスや有害菌を不活性化します。また抗ウイルス作用もあり、ウイルスに対しても有効です。
 
→ 空気に反応するため、どのような環境でも常に24時間ウイルスや菌に作用するだけではなく、不活性化するために菌やウイルスの抑制を促すばかりか、減少に至ります

 

 

信頼を得る世界・日本基準の検査結果

信頼を得る世界・日本基準の検査結果
この抗ウイルス効果は信頼できる第三者検査機関において認定を受けている点も、信頼できるポイントです。
 

【 沖縄病院でのコロナ対策☆世界・日本基準での認定 】
 
★ 世界基準であるISO18184・SEK規格において、効果アリと認定を受けた他、日本基準ではJIS規格において効果アリと認定されました。

 

JIS抗ウイルス感染価測定結果ではインフルエンザに対して、2時間の検査のなかで6.72→2.3の減少を示しました。最近数測定結果では18時間の培養前と後において、4.27→1.30(黄色ぶどう球菌)の値を示しています。
 

 

SEK認定マークを内外にアピール

SEK認定マークを内外にアピール
これらの検査結果と認定マークが何よりの信頼です。
 

【 沖縄病院でのコロナ対策☆SEKマーク 】
 
★ 以上のSEK規格の認定により、デオファクターカーサはSEKマークを取得しています。
 
→ 「SEKマーク」とは一般社団法人遷移評価技術協議会が制定した「制菌・抗ウイルス」に関する規格を満たした製品に付与される認証マークです。

 

デオファクターカーサは正式に認定を受けているので、医師や看護師、スタッフまで安心できるばかりか、この認定マークを患者様にもアピールすることで、信頼を得ることができますので、積極的にアピールしてください。
 

 

空気触媒で24時間365日作用

空気触媒で24時間365日作用
また、これらの効果が空気中の水分があれば作用する点が何よりの評価ポイントとなっています。
 

【 沖縄病院でのコロナ対策☆空気触媒のメリット 】
 
★ 従来の抗ウイルスの抗菌・抗ウイルススプレーなどの商品では、光触媒のものが多いのですが、「光」には届く場所に限界があります。
 
→ 一方、デオファクターカーサは空気触媒ですので、光の届かない暗所や夜間でも、しっかりと効果を発揮してくれる点は大きなメリットです。
 
★ 沖縄の病院であれば、光を通さない手術室や倉庫などでも、常に作用します。

 

沖縄病院でコロナ対策として、このような空気触媒のデオファクターカーサを導入することによって、24時間365日、常に制菌効果・抗ウイルス作用が得られるため、患者さんだけでなく医者や看護師にとっても安心できる空間です。
 
また、従来の抗ウイルス商品の多くは菌を抑制する効果も併せて発揮するものの、あくまでも「抗菌」が多く見受けます。
 
デオファクターカーサは「制菌」効果があり、菌を抑制するだけの抗菌とは違い、菌の居場所を阻み結果的に減少させる効果が期待できるため、「制菌効果」の方が効果的です。
 

 

効果が長期的に持続する

沖縄の飲食店で注目の「デオファクターカーサ」とは?
デオファクターカーサが沖縄の病院でのコロナ対策として導入されている、もう1点のメリットは、効果の長期的な持続ではないでしょうか。日々のメンテナンスやアフターケアをしなくても効果は持続するため、スタッフのコロナ対策疲れも起きません。
 

【 沖縄病院でのコロナ対策☆効果の持続 】
 
★ デオファクターカーサは空気触媒で有害物質やウイルスに作用する循環が起きるため、基本的には効果は持続しますが、施工面の経年劣化や摩耗により、約3年ほどを目安とします。
 
→ 業者によりスプレーガンで噴霧するだけで簡単に施工ができるため、場所や素材を選ばずに好きな場所に塗布することが可能です。

 

壁や床だけでなく、病室のベッドやトイレまで細部にも制菌・抗ウイルス加工ができるので、病院内のすべての空間をクリーンに保つことができます。
 
また、試薬による洗浄度検査ができる点も大きなメリットです。
 

【 沖縄病院でのコロナ対策☆検査 】
 
★ 「ATP+AMPふき取り検査」という食品工場などでも採用されている試験で、検査箇所を綿棒などでふき取ることで清浄に維持されているかを数値で表すことができます。
 
→ 数値として可視化することで効果が持続しているのかを確認できるために、メンテナンス面でも大変優れています。

 

ただし、デオファクターカーサを沖縄の病院にコロナ対策として導入する場合には、アルコール除菌スプレーなどのように、その都度都度でスプレーを掛ける訳ではありません。
 
デオファクターカーサを扱う業者によって噴霧施工を行いますので、まずは業者に連絡をしてスケジュールを取り、一気に施工を進めます。
 
最初は少し面倒を感じるかもしれませんが、補助金申請までサポートしてくれるような業者であれば、一度相談をするだけで進みは早いので、気軽に相談をしてみるのも良いのではないでしょうか。
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄の病院でのコロナ対策に最適な施工用液剤、抗ウイルス・デオファクターカーサについてお伝えしました。
 
沖縄の病院で今後の課題、コロナ対策において、スタッフの負担がなく24時間365日の徹底した抗ウイルス・制菌対策を取ることができる、「デオファクターカーサ」は今、コロナ対応として補助金の適用が期待できます。
 
一度の施工で、その後の追加コストも掛からず、特別なアフターケアもないなかで、長期的に持続する制菌効果・抗ウイルス作用により、病院内の空間をクリーンに保つことができるため、あらゆる沖縄の病院でのコロナ対策における課題が解決するアイテムです。
 
一度の噴霧施工導入で、患者さん・医師・看護師の方々の安全・安心を確保することができます。補助金が下りるこの機会に、デオファクターカーサを導入してみてはいかがでしょうか。
 

まとめ

デオファクターカーサの病院導入メリット

・制菌効果・抗ウイルス作用
・SEKマークの認定を受けている
・効果が一度の施工で長期継続
・施工後のアフターケアは必要ない
・施工後の追加コストは掛からない
・噴霧施工なので細部までケアできる
・ATP+AMPふき取り検査で効果を数値化できる

コラム一覧に戻る
コラムカテゴリ