COLUMN

2020年10月10日カテゴリ1

沖縄の病院でコロナ対策☆従業員や経済にも負担を少なく

沖縄の病院でコロナ対策☆従業員や経済にも負担を少なく
沖縄の病院では徹底したコロナ対策により、踏ん張って運営を続けている状況ですよね。
 
ただ一方で、新型コロナはかつてないウイルスなので、完全に安心できるガイドラインもなく、全国的にも沖縄でも「病院でコロナウイルスのクラスター発生」とのニュースがよく聞かれることがありました。
 
もっとも衛生に慎重なはずの沖縄の病院でコロナ対策を徹底しても感染者が出るほどですので、沖縄の病院側もコロナ対策において、患者の不安感を払拭する必要性を、ますます高めているところではないでしょうか。
 
そこで沖縄の病院で新たなコロナ対策として導入数が増えている方法が、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」の吹き付け施工です。
 
今回は、沖縄の病院でコロナ対策として注目されている、従業員にも経済的にも、より負担が少ない、デオファクターカーサについてお伝えします。
 

 

沖縄の病院でコロナ対策☆
従業員や経済にも負担を少なく

 

沖縄の病院におけるコロナ感染の危険性


沖縄の病院におけるコロナ感染の危険性
2020年10月17日、沖縄県石垣島の病院でコロナ陽性が入院患者より9名判明し、病院が閉鎖されるニュースは、まだ耳に新しいのではないでしょうか。懸念されていた離島医療のコロナによる崩壊が、現実味を帯びてきました。
 
今回は沖縄県石垣島の病院でのコロナ陽性の判明でしたが、沖縄に限らず全国の病院で、コロナウイルスによるクラスター発生が、連日報じられています。
 

【 沖縄の病院でのコロナ対策☆感染経路 】
 
☆ では、これらの沖縄や全国の病院はコロナ感染防止対策を怠っていたのかと言えば、決してそんなことはありません。今まで以上にしっかりと消毒など感染対策を行っていたはずです。

 

ではどうしてクラスターが発生したのでしょうか。この感染経路が沖縄でも病院のコロナ対策に大きく影響します。
 

 

クラスターのメカニズム


クラスターのメカニズム
「クラスター」とは、コロナのニュースに用いる限りでは「集団感染」と理解していれば十分です。
 
端的に言えば、沖縄や全国において「病院でコロナウイルスクラスター発生」というニュースの場合、その病院での「院内感染」があったと理解できます。
 
それではどうして衛生観念に徹底した沖縄や全国の病院で、コロナウイルスによるクラスターが発生するのでしょうか。
 

【 沖縄の病院でのコロナ対策☆クラスター発生のメカニズム 】
 
☆ 上記の石垣島の病院の発表によれば…
 
① コロナに感染した者が病院内に入る
          ↓
② 感染者が医師または看護師ないし入院患者(以下、医師など)と接触
          ↓
③ 医師などが感染
         ↓
④ 医師などが病院内を歩き回り、別の医師などが感染
 
… という経緯だったのではないかと報告しています。

 

このような経緯を確認していくと、沖縄の病院でも徹底したコロナ対策は大変大きな課題です。不特定多数の者が出入りする沖縄の病院では、コロナウイルスによるクラスターは不可避のように思えるのではないでしょうか。
 
ひとつ言えることは、病院のように広い施設で不特定多数の人々が集まっている場合、その一人一人に従業員(医師・看護師・スタッフ)が四六時中付き添って、消毒作業など対応をする方法は不可能です。
 
けれども、空間自体をクリーンに保つ、常にウイルスに作用し無害化する循環を構築できるなら、沖縄の病院でもより信頼できるコロナ対策が期待できます。
 

 

本当にクラスターは不可避なのか?


本当にクラスターは不可避なのか?
確かに前項で沖縄石垣の病院で起きたコロナウイルスクラスター発生の経緯を見てみると、クラスターは不可避のようです。
 
しかし、今後沖縄の病院でも、院内でコロナに感染したことが判明したとして、感染した医師、看護師、入院患者などは病院の過失を裁判で争うことがありえます。
 
このような場合、病院側は過失がなかったことを証明しなければなりません。
 
また、現状沖縄の病院では、続くコロナ対策に疲弊する、もしくはコロナリスクを恐れての辞職も相次いています。そのために慢性的人手不足と言われる医療業界において、さらに人手不足の問題も抱えるようになりました。
 

【 沖縄の病院でのコロナ対策☆スタッフへの配慮 】
 
☆ ですから、人手不足になっている沖縄の病院としては、コロナ対策を継続しながらも、働いているスタッフに安心して働いてもらうことを見据えなければなりません。
 
→ 医師・看護師・スタッフにも安心できて負担の少ないコロナ対策は必須です。

 

このように病院としては、裁判で過失がなかったことを証明するためにも、またはスタッフに安心して勤務してもらうためにも、沖縄の病院内での新たなコロナ感染対策への取り組みが求められるようになりました。
 
こういった対策を法律上「結果回避義務」といいます。では、沖縄の病院がこのコロナ禍のなかで、結果回避義務を果たすにはどういったことが必要となるのでしょうか。
 

 

デオファクターカーサによる院内消毒の徹底


二次感染リスクを低下させる
コロナウィルスは飛沫感染が主な経路とされますが、物にウィルスが付着しそれに触れた者が感染する経路もあります。
 
沖縄の病院でのコロナ対策としては、不特定多数の人々が出入りする施設であることは意識しなければなりませんよね。
 
この時、飛沫感染はマスクなどに頼るほかないとして、物に付着した沖縄の病院でのコロナ対策としては、やはり消毒の徹底しかありません。
 
そこで注目されているのがデオファクターカーサです。
 

【 沖縄の病院でのコロナ対策☆デオファクターカーサの制菌効果 】
 
☆ 沖縄の病院でこのコロナ対策が評価されている理由には、デオファクターカーサが「抗菌」ではなく、「制菌」の効果がある点です。
 
→ 従来の抗菌加工液剤などの施工では、「抗菌」ですので今後のウイルスを抑制する効果はありますが、ウイルス自体を減少させることはできません。
 
★ 一方、デオファクターカーサでは、このウイルスや菌の増殖を防ぎ、不活性化させることで無害化、減少させることが可能です。

 

この点が、沖縄の病院でのコロナ対策として評価が高い理由です。そのため一度施工を施すと、その後は自動的に24時間365日、常に有害物質やウイルスに作用し分解、不活性化(無害化)を進める、良い循環ができます。
 
沖縄の病院としてはコロナ対策としてデオファクターカーサによって、院内の消毒を徹底することができるため、結果回避義務を果たすことにもなり、将来起こりうるかもしれない訴訟で有利に働くかもしれません。
 

 

施工は医療機関補助金で賄う


沖縄で補助金によるコロナ対策☆事業回復に抗ウイルスと制菌
しかしただでさえ人手不足の病院、消毒の徹底にスタッフの力を割くことは難しい現状があるのではないでしょうか。
 
また、デオファクターカーサは吹付施工という特別な技術が必要です。そこでデオファクターカーサによる消毒は専門業者に任せることがベストです。
 
ただ、大きな病院でも経営が苦しいコロナ禍で、個人経営のクリニックなどになると、業者に施工を任せるほど、コロナ対策に予算を回すことが厳しい施設も多いのではないでしょうか。
 
どうしてもデオファクターカーサを扱う業者へ吹き付け施工を依頼するとなれば、導入する際の初期費用が不可欠です。
 
コロナ感染拡大防止対策費用として「医療機関補助金」制度が整備されています。
 

【 沖縄の病院でのコロナ対策☆支援金を利用する 】
 
★ 沖縄の病院でコロナ対策としてデオファクターカーサを導入する場合、現状では病院施設において「医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」が適用します。(2021年3月末まで)
 
→ この「医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」を適用することで、施設によって金額は異なるものの、最低でも上限70万円~の補助金が期待できるので、申請をしてみてはいかがでしょうか。
 
※ 沖縄の病院では、コロナ対策として申請した場合、200万円プラス病床数1につき5万円の上乗せでの補助金交付も期待できます。

 

この補助金を利用して業者にデオファクターカーサによる消毒施工を任せれば病院のコスト面での負担は大きく減らすことができて便利です。
 

 

申請・施工は業者にお任せ


申請・施工は業者にお任せ
ただ、2020年は突然の新型コロナウイルス到来により、国も慌てて数々の補助金・助成金・支援金制度を投入しています。そのため、とても複雑になっている側面もあり、個人で申請作業を進めるには、少し面倒です。
 
そこでデオファクターカーサを扱う業者にまず相談をすることをおすすめします。
 

【 沖縄の病院でのコロナ対策☆業者によるサポート 】
 
★ 現在、沖縄の病院がコロナ対策として、この抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」を導入する場合、施工を行う取り扱い業者のなかには、補助金(支援金)申請までサポートしてくれる会社があります。
 
→ 業者に施工依頼をするだけで、補助金(支援金)申請の依頼までできてしまうので、スムーズに進みとても便利です。

 

デオファクターカーサはさまざまな病気の治療を進める沖縄の病院でも嬉しいコロナ対策で、その液剤は100%天然成分のため人体に害を及ぼしません。
 
しかも無味無臭・無色透明の特徴を持ち、目視では施工前と施工後で見分けがつかないほどです。
 
ですので、抗ウイルス・制菌加工を施したいイスや机などの家具類はもちろん、備品まで一気に吹き付け施工を進めることができます。
 
 
 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄の病院におけるコロナ集団感染の危険性とその対策についてお伝えしました。
 
沖縄の病院においてはコロナ感染拡大防止という点だけではなく、感染リスクが大きいので入院患者やスタッフの安全面及びクラスター発生の場合での後の訴訟リスクも視野に入れる必要があります。
 
そのためには「結果回避義務」を果たすことが重要です。その履行としてデオファクターカーサ施工やその業者への依頼、補助金活用はとても良いアイデアではないでしょうか。
 
補助金を活用して、アフターコロナまで見据えた病院経営に資することがポイントです。
 
 
 
まとめ

病院が負う広範なリスク、その回避に必要なものとは

・病院はコロナ感染の危険性が高い施設
・入院患者やスタッフの安全面の配慮、および訴訟のリスク
・万が一訴訟になった場合の「結果回避義務」の抗弁
・結果回避義務のためのデオファクターカーサによる消毒
・デオファクターカーサ施工は業者に頼むのがベスト
・病院のリスク回避は補助金の活用で可能

コラム一覧に戻る
コラムカテゴリ