COLUMN

2020年10月10日カテゴリ1

沖縄の保育園ができるコロナ対策☆補助金で負担のない方法

沖縄の保育園ができるコロナ対策☆補助金で負担のない方法
沖縄の保育園では子ども達のコロナ対策に努めながら、早急に再開をして、毎日の預かり保育を続けてきた施設も多くありましたよね。
 
保育園が再開しないと、親御様の仕事に支障をきたすこともあるとして、新型コロナの影響による外出自粛が広がった当初から随分と早急な再開を期待されました。
 
現状では少し落ち着いた感もありますが、今後冬が近づくにつれ、沖縄の保育園ではコロナに限らず、ウイルス対策を強化しなければなりません。
 
ただ、沖縄の保育園ではコロナ対策をより徹底するとしても、現状では職員の負担も大変なので、対策強化が難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、負担なくできるコロナ対策として「抗ウイルス・デオファクターカーサ」が話題になっています。
 
では、いったい沖縄の保育園で注目されるコロナ対策、「抗ウイルス・デオファクターカーサ」はどのよなのなのでしょうか。
 
今回は、沖縄の保育園でコロナ対策に負担の掛かりにくい新しい方法として、「抗ウイルス・デオファクターカーサ」の吹き付け施工についてお伝えします。
 

 

沖縄の保育園ができるコロナ対策☆
補助金で負担のない方法

 

長期間の抗ウイルス対策効果が持続


制菌効果がある
沖縄の保育園において便利なコロナ対策となる、抗ウイルス・制菌加工液剤「デオファクターカーサ」は、その液体を保育園内の壁や床、机やイスと言った家具類や、備品に吹き付けることで、制菌ができる新たなコロナ対策手法です。
 
ここで沖縄の保育園でコロナ対策として、このデオファクターカーサが評価されるのには、従来の「抗菌」ではなく「制菌」効果があることも一因にあります。
 
まず前知識として、今まで一般的にインフルエンザや菌への作用として用いられてきた「抗菌」加工がありますよね。
 
施設などの施工だけではなく、ハンカチや服、キッチン用品などなどで「抗菌加工」の文字を見たことのある方、見覚えのある方も多いのではないでしょうか。
 

【 沖縄の保育園でコロナ対策☆抗菌・滅菌・殺菌・消毒 】
 
★ この「抗菌」加工を施す液剤は、菌の増殖を抑制する働きをします。そのため、これから繁殖する菌はある程度阻害できても、現状付いている菌を無くす効果はありません。この他にも…、
 
殺菌は、「菌を殺す」ため確かに菌に作用しますが、少しでも減少すれば「殺菌」とされるうえ、一種類の菌でも殺菌に相当します。そもそも医薬品や医薬部外品のみにしか使用することができない言葉です。
 
滅菌になると確かに信頼性の高い効果です。全ての菌を殺菌するため、病院内の手術器具などで施されるのですが、暮らしのなかではこの言葉は用いません。
 
消毒はコロナ対策で多く用いられる手法ですよね。消毒を施すことにより菌を除去・無害化することが可能です。ただ全てを除去できるとも限らず、段階があります

 

…このようなことから、沖縄の保育園で最も安全なコロナ対策となれば、消毒を挙げることができますが、消毒液は保護者にとっては不安要素もありますよね。
 
また、毎日一分一秒と園内全てに消毒作業を常に施すという対策は、現実的ではありません。消毒により菌が減少しても、次の瞬間に子ども達が触ることで、瞬く間に沖縄の保育園内でもコロナウイルスへの不安が訪れます。
 
そこで、沖縄の保育園でコロナ対策として注目した効果が、「制菌」作用でした。
 

【 沖縄の保育園でのコロナ対策☆制菌作用 】
 
★ 「制菌」というのは、「菌の繁殖を抑えながら、新たな雑菌を防ぐ」ものです。さらに繁殖を抑えることによって、付着した菌も減らすことができます。
 
→ この「抗ウイルスデオファクターカーサ」は一度吹きつけると、職員が何をしなくても、自動的に空気に反応して有害物質やウイルスに作用するので、その都度都度の対応がなくても常に対策をしている状態です。

 

さらにデオファクターカーサの液剤自体は減少せずに常に循環するため、一度の施工で長期間に渡って制菌効果が持続します。(施工面の経年劣化が懸念されるため、約3年ほどを目安としてください。)
 
しかも吹き付け作業は資格を持った専門スタッフがするため、保育園の職員がする必要がありません。保育園側ですることは、定期的に専用の機器で効果が持続しているかチェックするだけです。
 
そのため、日々子供たちの世話で忙しい保育園にとっては、職員の負担がなく感染防止対策が強化できるところが嬉しいポイントとなります。
 

 

子どもにも安心安全な液体なので、気を遣う負担がない


どのような環境下でも効果を発揮
また、吹き付ける液体である「デオファクターカーサ」は天然素材100%です。
 
沖縄の保育園でこのコロナ対策を施しても、デオファクターカーサに化学薬品を使っていないため、小さな0歳児~2歳児のお子さんが触れても安心できます。
 

【 沖縄保育園でのコロナ対策☆安心安全素材 】
 
★ このデオファクターカーサの安全性は、世界基準であるSEK認定において、急性経口毒性試験や皮膚感作性試験にも合格しているほどで、信頼が高いです。
 
→ 害がなく、アレルギーを持つ子供たちにも安心できる天然成分であるにも関わらず、ウイルスや有害物質に作用し分解、不活性化を促して最終的には減少させるのですから、嬉しいコロナ対策ですよね。

 

このような事情から、子ども相手でただでも体力勝負の沖縄保育園において、コロナ対策に職員が奔走する必要がありません。さらにデオファクターカーサの液剤自体も安全なので、施工場所などを配慮したりする負担もないです。
 
沖縄の保育園でこのコロナ対策を施す時には、デオファクターカーサを専門に取り扱う業者へ依頼して、吹き付け施工を行い導入する施設が多いのですが、このような理由から、壁や床ばかりではなく、あらゆる備品に吹き付け施工ができます。
 
毎日子供たちに気を使っている、沖縄保育園の職員にとって、コロナ対策がこのようにストレスレスで進めることができるとは、ありがたいことではないでしょうか。
 

 

金額面の負担もほとんどない


抗ウイルス対策としての、デオファクターカーサ
また、保育園の場合は「児童福祉施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策に係る支援」の補助金が活用できます。
 

【 沖縄の保育園でのコロナ対策☆補助金 】
 
★ 沖縄の保育園がこのコロナ対策を進める場合、補助金は上限50万円、10分の10も補助が出るため、負担をほとんどかけずに導入することが可能です。
 
→ 今、デオファクターカーサを取り扱う専門業者のなかには、この補助金申請からサポートをしてくれる会社も見受けられるようになりました。

 

このような業者で補助金から施工、アフターフォローまで一貫してサポートを受けることができれば、さらにマンパワーに頼ることもなく、職員の負担がほとんどありません。
 
予算が限られている沖縄の保育園において、コロナ対策にこれだけ金銭的な負担をかけずに素早く実施できることは朗報です。
 
さらに沖縄の保育園では今、コロナ対策はもちろんなのですが、本格的な冬の到来が近づく今、インフルエンザと新型コロナのバッティングを懸念しています。
 
まだインフルエンザが流行していない今のタイミングで、早め早めに積極的な導入を進めてみてはいかがでしょうか。
 

 

発達に対する問題解決の手助けにも


金額面の負担もほとんどない
今、保育園の職員の方々は皆マスクをしながら子どもたちと接していますよね。
 
沖縄の保育園でのコロナ対策において、実は現場での問題点として、子どもが先生の顔を読み取れずに、食事があまり進まない…、などの声が起きています。
 
沖縄の保育園ではこのようなコロナ対策をきっかけにした、従来とは違う保育スタイルから、反応が分かりづらいために子ども達の発達を心配している声も多い現状です。
 
特に0歳~1歳が食事中の問題では顕著です。先生が口をもぐもぐ動かすのをまねて食事をしたり、先生の笑顔を見て反応し、遊びに夢中になるなど、子どもの発達と顔の動きの重要性が再認識されています。
 

【 沖縄の保育園でのコロナ対策☆表情が見えない 】
 
★ 今、沖縄の保育園ではコロナ対策を進めながらも、このような課題解決のため、マスクではなく透明なフェイスシールドを付けて対応している保育園も増えました。
 
→ そこで沖縄の保育園でコロナ対策にデオファクターカーサを選ぶことで、菌やウイルスが職員を介して、物に移り、子供たちに移るリスクを減らせる効果が期待できます。

 

このような理由から、一時的にマスクやフェイスシールドを外しながらのコミュニケーションができる手助けになるかもしれません。
 
 
 

いかがでしたでしょうか、今日は沖縄の保育園で新しいコロナ対策として今注目されている、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」の吹き付け施工についてお伝えしました。
 
補助金を利用できることにより、職員もお金にも負担がかからない新しいウイルス対策として、それぞれの施設で検討や導入が進んでいます。まさに沖縄の保育園にとってコロナ対策としては、最適です。
 
どうぞ前向きに検討し、地域や子ども達にとって安心安全な沖縄の保育園をコロナ対策を通して整えるとともに、職員にとっても働きやすい環境を目指してみてはいかがでしょうか。
 
 
 

まとめ

保育園施設で抗ウイルス・制菌液剤施工対策

・抗ウイルス・制菌液剤はデオファクターカーサ
・制菌作用により空気に反応して常に菌に作用、減少させる
・長期間の抗ウイルス対策効果が持続する
・子供に気を遣う負担がない安心安全な液体を使用
・補助金を利用すれば、金額面の負担もほとんどない
・補助金申請サポートを受け付ける施工業者もある
・子ども達の発達に対する問題解決の手助けにもなる

コラム一覧に戻る
コラムカテゴリ