COLUMN

2020年10月13日カテゴリ1

沖縄の観光業で進む補助金適用のコロナ対策☆負担の少ない抗ウイルス施工

沖縄の観光業で進む補助金適用のコロナ対策☆負担の少ない抗ウイルス施工
沖縄の観光業では、補助金適用のコロナ対策に奔走していますよね。
 
外出自粛により経済的なダメージを受けた沖縄の観光業界では、個人経営の民宿など、小規模事業者ではなかなか本格的なコロナ対策に費用を掛けることができない現状がありました。
 
そこで政府が、このような新型コロナ感染拡大による影響を受けた小規模事業者へ向け、補助金制度を新設しています。
 
沖縄の観光業界では、特にこの補助金を最大限に活用したコロナ対策を進めようと、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」による、抗ウイルス施工が人気です。
 
空間全体を抗ウイルス空間に変える対策は、アフターコロナならぬウィズコロナ時代における、今後の運営にとって欠かせないものとなるとも言われています。
 
今回は、沖縄の観光業界で評価の高い補助金適用によるコロナ対策、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」の施工対策について、どんなものなのか…、沖縄の観光業で、補助金適用内で行うコロナ対策としての効果についてお伝えします。
 

 

沖縄の観光業で進む補助金適用のコロナ対策☆
負担の少ない抗ウイルス施工

 

デオファクターカーサの抗ウイルス


デオファクターカーサの抗ウイルス
沖縄の観光業界では、補助金適用内のコロナ対策である、抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」は、まず、天然ミネラル(鉄・カリウム・アルミニウム・チタン)であること、ミネラル酸素触媒の液体で無色無臭であることへの評価が高いです。
 

【 沖縄の観光業で補助金適用のコロナ対策☆デオファクターカーサの効果 】
 
★ デオファクターカーサには、「消臭」「防臭」「抗ウイルス」「制菌」「防汚」「防カビ」といったさまざまな効果があり、昼夜を問わずそれらの効果が持続します。
 
→ また、デオファクターカーサの制菌効果は、抗菌と違って菌を防止するだけでなく、有害な菌やウイルスを減少させる点が、従来の「抗菌効果」との違いです。

 

抗菌では菌の増殖を抑えるだけですから、時間の経過とともにまた戻ってきます。一方、デオファクターカーサの特徴である「制菌」は、菌を減らす制菌作用によって、根本的にウイルスや有害物質を減少へと導きます。
 

【 沖縄の観光業で補助金適用のコロナ対策☆抗ウイルス効果 】
 
★ 今、このデオファクターカーサが注目されているのには、その抗ウイルス・制菌効果が高いです。
 
●抗ウイルス効果● 
 
・プラーク測定法によるウイルス試験(2時間後減少率測定試験)において、A型インフルエンザウイルスに対して99.98%ノロウイルスに対して99.93%と、ほぼ100%に近い減少率の検査結果を残しました。
 
●制菌効果●
 
・従来の「抗菌効果」は、施工面の菌が増殖することを抑えるだけです。一方で「制菌効果」になると増殖を抑えるだけではなく、減少する効果があります。

 

…このような効果ですから、本来は臭いの元となる菌を抑えて消臭効果を期待するための液剤でしたが、新型コロナ感染拡大後には、この抗ウイルス・制菌効果が時代のニーズに的中し、現在のような注目度になりました。
 

 

デオファクターカーサが注目される理由


デオファクターカーサが注目される理由
そして、沖縄の観光業が補助金適用内でのコロナ対策として、この抗ウイルス・制菌液剤である「デオファクターカーサ」を導入する場合、家族連れであれば赤ちゃんや高齢の方々も多いため、液剤自体の安全性は気に掛かりますよね。
 
けれども、デオファクターカーサの場合天然ミネラルが主成分ですから、化学薬品などは一切使用していません。経口試験や皮膚の試験などもクリアしていますので、例えばアレルギーの方であっても、安心安全の清潔な環境を提供することができます。
 

【 沖縄の観光業で補助金適用のコロナ対策☆吹き付け施工 】
 
★ 沖縄の観光業種で、補助金適用内のコロナ対策として、このデオファクターカーサを導入する場合には、まずデオファクターカーサを取り扱う専門業者へ施工依頼をしてください。
 
→ コロナ禍では施工費用の資金調達として、補助金申請からサポートをしてくれる業者もありますので、このような業者に依頼・相談をするとスムーズに進みおすすめです。

 

デオファクターカーサの施工方法は、壁や天井、床などに吹き付けるのですが、空気中の水や酸素に作用して、ウイルスや有害菌に対して強力な活性酸素を生成します。
 
そこに空気があるだけでずっと化学反応を起こしますから、1度の施工で効果が長期間持続するという特徴があり、この点が沖縄の観光業界において、補助金適用のコロナ対策として評価が高いポイントです。
 

【 沖縄の観光業で補助金適用のコロナ対策☆ストレスレスな対策 】
 
★ GOTOトラベルキャンペーンにより繁忙期などで、スタッフが忙しい時間帯でも、施工面に施したデオファクターカーサが、自動的にコロナ対策を進めてくれます。
 
→ また、前述したように100%天然成分で構成されている点はもちろん、液剤自体が無色無臭ですから、どんな場所にでも、またあらゆる備品まで、吹き付け施工を施しても問題ありません。

 

前述したように、デオファクターカーサは特に抗ウイルスに効果があり、インフルエンザやノロなどのウイルスを不活性化させ、制菌効果を発揮しますから、これから冬に向けて、新型コロナとインフルエンザの流行が重なる事態にも備えることができます。
 
そうした強い制菌作用があることから、観光業・飲食店などの店舗や、病院・学校などの公共施設、なかには住宅まで、さまざまな施設や建物で新型コロナ到来により見直され、導入が進むようになりました。
 

 

デオファクターカーサは観光業に最適


デオファクターカーサは観光業に最適
沖縄の観光業で、補助金適用内のコロナ対策のなか、特にデオファクターカーサの評価が高い理由には、パワフルな消臭・防臭・抗ウイルス・制菌効果はもちろんありますが、何よりも、その効果に必要な触媒が空気だけと言う点です。
 

【 沖縄の観光業で補助金適用のコロナ対策☆空気触媒 】
 
★ デオファクターカーサは、空気中の水と酸素に作用してOHラジカルを生成し、周囲の菌やウイルスなどの有害物質に素早く反応します。その後、OHラジカルは再び水や酸素に戻り、空気中に還元されます。
 
→ つまり、デオファクターカーサは一度施工することで、長期的にその効果を持続させることが可能なので、特にホテルや旅館などの観光業では、顧客や従業員の健康や衛生を確保できる点が評価が高いポイントです。

 

また、今回沖縄の観光業で補助金適用となるコロナ特別枠(小規模事業者持続化補助金【事業再開型】)の制度を利用することで、費用を安くすることもできます。
 
ただし、急遽新設されたコロナ枠ですから、次回2020年12月10日の締め切り後は、どのような流れになるのかはまだ誰にも分かりません。
 
検討しているのであれば、今のうちに抗ウイルスを目的として、沖縄の観光業種でも、補助金適用のコロナ対策として、デオファクターカーサの施工をおすすめします。
 
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄の観光業界で評価が高い、補助金適用の本格的なコロナ対策として、抗ウイルス対策に効果のある「デオファクターカーサ」についてお伝えしました。
 
沖縄の観光業種で補助金を適用する場合、コロナ枠の小規模事業者持続化補助金【事業再開型】が該当しますが、この他にも【コロナ対応特別型】が新設されています。
 
【コロナ対応特別型】では、コロナ禍において非対面でもサービスや商品の提供ができる「非対面型ビジネスモデル」や、「テレワーク」への移行に対して、採択された場合に支給される補助金です。
 
そして【コロナ特別対応型】と【事業再開型】は、併用することができますので、双方検討してみるのも良いかもしれません。
 
 

まとめ

観光業で評価の高い補助金適用内のコロナ対策

・抗ウイルス・制菌液剤「デオファクターカーサ」
・抗菌加工とは違い、ウイルスを減少させる
・空気があるだけで自動的にウイルスに作用
(そのため、スタッフの対応は必要なし)
・天然成分で構成され、安全な液剤
・無臭無色なのでどこでも施工できる
・持続化補助金【事業再開型】が適用する
・補助金申請サポートもしてくれる施工業者がある

コラム一覧に戻る
コラムカテゴリ